思考の錯覚をうまく利用する戦略とは?(『人生は、運よりも実力よりも「勘違いさせる力」で決まっている ふろむだ氏著 [1分で要約・解説])

生き方

次のような選挙ポスターがあった時、あなたはどちらの候補者に票を入れるだろうか?

次にような調査結果が1974年カナダで出された。

イケメンの政治家はそうでない政治家に比べて2.5倍もの票を獲得する。

そして、面白いのがイケメンに投票した理由である。投票者のほとんどが、「イケメンだから投票した」という自覚なく、「経済政策が期待できるから」「実績があるから」と別の理由で投票したと思い込んでいたのだ。

なぜ、そうなったのだろうか?

容姿が優れているという一つの特徴がその人は全体的に優れているというイメージに変換されてしまうからだ。無意識のうちに人は評価を書き換えてしまっているのだ。

これは「思考の錯覚」である。

ではなぜ思考の錯覚が起こるのか?

それはハロー効果で説明ができる。ハロー効果とはある対象を評価するときにそれが持つ顕著な特徴に引きずられて他の特徴についても評価が歪められることである。

成功するためには上手にこの力を利用する必要があるのだ。

ではどのようにしてこの力を利用したらいいのか?

「確変を狙う」戦略が重要である。確変とはパチンコでの確率変動の略であり、大当たりの確率が高くなっている状態を指す。

つまり、初めは小さく確変を狙っていき、確変が起こったら全力で投資する戦略である。

初めはハロー効果が期待できる仕事を幅広く手がけ、チャレンジを続ける。確変が起こったら、全力でその仕事を深める。そうすることで成功を導くことができるのである。

ぜひ明日から小さな確変を狙ってみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました